安全なWebアプリケーションの作り方1章

安全なWebアプリケーションの作り方の1章のまとめです。

まずは触りの内容なので、セキュリティとは?といったことが書いてあります。

目次編はこちら

1章の構成について

6項のサブタイトルが存在します。

以下等が例と共に記載されています。

  • セキュリティの重要性
  • なぜ対応しないといけないか
  • 発生原因
  • セキュリティガイドライン

読んでみて

セキュリティバグと聞くと、今までは個人情報の流出の印象が強かったです。

(クラウド情報の流出とか有名ですね)

しかし、場合によっては悪用者に加担してしまったり、偽った形でサービスを提供する等、様々な形で被害が出るという点が興味深かったです。

その上で、本書では以下を分けて考察している。

セキュリティバグ

セキュリティ機能

また、対応する為の基準となるガイドラインは以下がある模様

いずれもSQLに関する内容や認可についてが記載されています。

こちらについては、別途読んでおきたいと思います。

おわり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする