仮想環境のUbuntuで起動したFlaskにWindowsからHelloWorldする

タイトルまんま。(ちょっと雑タイトル)
最近仮想環境でpythonを書く事が多く、書いたモジュールをWebアプリとして起動させる事になりました。
その備忘録と詰まったところを書いておこうと思います。

起動までのセットアップは前の記事を参考にしてください。

Ubuntu開発環境の構築メモ

ゴール

VMWare Workstationで建てたUbuntu環境でhello world用pythonを起動(ゲストOS)
Windows環境(ホストOS)から、起動した内容を確認する

インストール

たった一行書くだけでインストール可能です。

pip3 install Flask

いざ、はろわ

from flask import Flask
app = Flask(__name__)

@app.route('/')
def hello_world():
    return "Hello World!"

@app.route('/direct') # リダイレクトなし
def test_direct() :
    return "direct"

@app.route('/redirect/') # リダイレクトあり
def test_redirect() :
    return "redirect"

if __name__ == '__main__': 
    # app.run() #この場合、Ubuntuからはアクセス可。Windowsからは不可
    app.run(host='0.0.0.0')

リダイレクトや、ホスト指定は以下の公式ドキュメントにも記載がある

Flask公式:クイックスタート

今後の発展

とりあえず簡易でhtml作って、formタグで送受信確認くらいはしてみたい。

以前ハッカソンでやった、SpringBootの規模感くらいならすぐにできそう。

APIをjavaで読み込んで画面出力する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする