OracleMasterBronzeSQL12c取得のロードマップ 試験対策編

OracleMaster bronze SQL 12c取得のロードマップ 試験対策編となります。
受験に関しての勉強方法を纏めてあります。

受験前の準備とか申請に関しては別途記事化します。

どのように勉強したか?


ping-tと白本(問題集)で勉強しました。
基本はping-tで問題を解きつつ、白本で体系的に勉強する感じです。

結局通しの模擬試験は1回だけ(77%)しかやらず、不安もありつつ受験することに。

勉強時間

ping-t:30時間
白本:10時間
実際に履歴から算出したので、精確性は高めな数字です。
効率的にやれば、1週間でなんとかなりますね。

ping-tの使い方

ping-t
試験対策的には、もうこれだけで十分なんじゃないかと思えるレベル。

とにかく問題を解いていって全部正解するまで復習する。

各単元ごとに、割とマニアックな部分も突いてきます。
正直、ここで満点取れるのであれば実際の試験も受かると思います。

ただ、操作性とかUI関係はかなり不満でした。
iphone8位の画面サイズだと、正直SQLが見にくくてストレスがマッハでした。
あと、次の問題へ行くための正解タップ位置が左側なので、それも操作性は悪かったです。

白本の使い方

解説を読む用として購入。
ping-tだと、知識が断片的な感じになります。

なので、SQL文の**句に副問い合わせは指定できるか?等は白本の方が体系だって勉強できるので良かったです。

JavaGoldと違い、インプットに寄った使い方をしていたように思います。
最後の模試も第一模試を1回だけしか解いていません。

問題集はping-tでお腹いっぱいな感じでした。
ただ問題の傾向としては、白本の方が実践に近かったと思います。
ケーススタディっぽい問題が多く出ます。

感想など

正直SQLあんまり好きじゃないので、覚えるのがかなり辛かったです。

Javaと違い、NULLでもエラーにならずに計算できるのは違和感しかありません。
型変換をかなり自由度高めでやったりするのも、慣れない要因の1つでした。

ポイントとしては、どの文、どの句に何が使えるのか?
というのが整理されていると楽です。

若干セコいやり方ですが
「***を実行したとき、正常に実行できるものはどれか」
という問いで、エラーとなる選択肢を外せば正答率は上がります。

その際に、何が使えるのか?が整理できていると一発でエラーとなるSQL文が分かるので楽でした。

JavaGoldの資格試験はこちらも併せてどうぞ

先日、java goldの資格を取得しました。 その際、受験方法や受験内容で手間取った工程があったので備忘録しておこうと思う。 ...

おまけ:実際のping-tの学習履歴

画像で貼るのでめちゃくちゃ長いです。

実際の勉強履歴がこちら。

だいたい3月頃に初めて、4月は一度も触らず、5月に再度開始。

という感じで30時間くらい。

ping-tでは、銅・銀・金と正答率があがれば金メダルが貰えるというゲーミフィケーションを取り入れていて、これが継続するコツだと思います。

最初は全部銅を取って、銀にして、金にする。というのを網羅的にやっていきました。

その時の遷移グラフがこちら。

下部の数字が実行回数です。

メダルの凡例はこんな感じです。

茶:銅

銀:銀

黄:金

緑(正答率)はずっとウネウネしてますね。

銀は途中から金に変化していくので、後半は下降傾向にあります。

これが1回目~50回目までの遷移

これが50回目~100回目くらいの遷移。

中盤で銀と金が入れ替わっていきます。

最後、後半では完全に金に遷移します。

緑も最初に比べると、波の高低差が安定的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする