Windows10HomeにVagrant使ってUbuntu18.04の環境を構築

はじめに

開発環境を複数立ち上げたりするのがいい加減辛い。
vagrant と docker で解決したい思い。

ただ、この作業だとHostOSにIDEがインストールされている状態。

プロビジョニングでうまいことVSCodeをUbuntuに導入したい。

実施時間

慣れとネットワークが早ければ 1 時間以内には終わりそう。
コマンドは平易なので、7 割くらいはインストール時間。2 割が調べてる時間。
(下り 80Mbps)

2020/04/03 13:00 ; start.
2020/04/03 13:15 ; vagrant virtual box installed
2020/04/03 13:15 ; vagrant init. file created
2020/04/03 13:15 ; DO vagrant up.
2020/04/03 13:21 ; vagrant up done.
2020/04/03 13:21 ; vagrant ssh.
2020/04/03 13:35 ; create GUI file.
2020/04/03 13:45 ; apt update & upgrade, then install GUI.
2020/04/03 14:25 ; GUI installed done.

環境

Host OS: Windows 10 Home
Guest OS: Ubuntu 18.0.4

VirtualBox:バージョン 6.1.4 r136177 (Qt5.6.2)
vagrant:2.2.7

デフォルトインストール先

vagrant
C:\HashiCorp\Vagrant\

virtual box
C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\

コマンド

Vagrant ファイル生成
vagrant init
Githubからコピっても OK

起動
vagrant up

日本語化とロケール変更

sudo locale-gen ja_JP.UTF-8
echo export LANG=ja_JP.UTF-8 >> ~/.profile
source ~/.profile

sudo timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
date

更新

sudo apt update
sudo apt upgrade

GUI インストール
sudo apt install ubuntu-desktop

いったん抜ける
logout

リロード
vagrant reload

ユーザー名、パスワードがデフォルトだと vagrant

reference

Vagrant 公式

Discover Vagrant Boxes

Vagrant と Docker で「環境に縛られない」開発環境を構築しよう

Ubuntu18.04 + Vagrant で Docker 環境お気楽構築

vagrant コマンド(起動・再起動・シャットダウン等々)備忘録

Windows に Vagrant と VirtualBox を使った Ubuntu GUI 開発環境を構築する

ubuntu で日本語入力を行う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする